過去最大の忘れられない失敗

働いていれば、どんなに気を付けていてもミスは起こるもの。そういうスタンスで仕事をしています。人のミスを過剰に責めたりしないためにも、そう考えるべきと思っています。

大事なのはミスをどうカバーするか…ずっとそう思っていたんです。あるとき特大のミスをするまでは。気が付いたのは、ミスの丸一ヶ月後。顧客からの入金があったときでした。どう見ても1ケタ多い金額が入金になっていたんです。

この金額は何だろう、と調べてすぐに理由が分かりました。私が請求書を1ケタ多く作っており、顧客も気付かずそのまま支払いをしていたんです。

真相が分かった瞬間は倒れそうになりました。10万や100万のミスではなかったからです。すぐに上司に報告したうえで顧客に電話をして謝罪し、対応をしました。ミスをカバーすることは大事です。しかし何より「ミスをしない」ことが大事です。

ミスをしやすい仕組みになっているならば、仕組みの見直しを含めて考えるべきです。それ以降は、確認作業に何より時間をかけるようになりました。もちろんミスも大幅に減りました。あの時のことを思い出すと、今でもどきどきしてしまいます。大失敗でした。